« 2012年2月 | トップページ | 2013年8月 »

2012年10月

2012年10月14日 (日)

法人の社会保険未加入について

このところ、社会保険(健康保険・厚生年金保険)に加入していない法人の事業所に、年金事務所から加入勧奨の通知が届いています。

健康保険法、厚生年金保険法によれば、


法人の事業所は、業種や規模を問わず、社会保険(健康保険・厚生年金保険)への加入を義務付けられています。(強制加入)

しかし、現実には、未加入の法人事業所も多数存在し、社会保険財政の悪化を背景に、社会問題になっています。

確かに、法律上「強制加入」とされている以上、未加入のまま放っておいてよいという話にはならない。

しかし、

元はといえば、法律に則って、強制加入を徹底してこなかった行政の怠慢が、今日の問題を引き起こしているのである。

今の不況下で、しかも、保険料率を高止まりさせたままで、社会保険の強制加入を断行すれば、倒産する中小企業が続出するのは目に見えている。

これ以上、景気を冷え込ませて、政府はどうするつもりなのだろうか・・・。

経営の苦しい中小零細企業の現実を踏まえた対策を、政府にお願いしたいものだ・・・。

社会保険の御相談は、

中小企業経営者の立場で会社を守る、「闘う社会保険労務士・モリ事務所」へ、お気軽にご相談ください。

電話048-477-9166(相談受け付けは、平日・9:00~18:00、初回相談無料です!)

« 2012年2月 | トップページ | 2013年8月 »