助成金

2009年3月27日 (金)

助成金を申請する前に・・・・

会社が、雇用保険からの助成金・奨励金を受給するにあたって、クリアしなければならない前提条件がいくつかあります。

それは、

1、雇用保険を適用していること。

(強制適用であるにも関わらず、適用手続をとっていない会社も存在しますが、そのような会社は早急に手続する必要があります。)

2、労働保険料(労災保険・雇用保険)を適正に納めていること。

(助成金は、雇用保険料を財源として運営されていますので、保険料を誤魔化しているような会社には支給されません。)

助成金・奨励金を受給した会社は、会計検査院の監査の対象とされます。)

(助成金・奨励金を受給した後で、労働保険料を誤魔化していたことが発覚すれば、受給した額の全額返還をさせられてしまいます。)

3、就業規則を整えること。

(常時10人以上の労働者を使用している事業主は、就業規則を作成し、労働基準監督署に届出なければなりません。作成していても届出がなされていないと、助成金の種類によってはもらえないことがあります。)

就業規則があっても、法律改正に対応せず、何年もほったらかしの内容のままだと、助成金の種類によっては、支給要件をクリアせずもらえないこともあります。)

4、労働者名簿・出勤簿・賃金台帳(法定3帳簿という。)を、整えていること。

(労働基準法に基づいて、上記法定3帳簿は事業場への備え付けが義務付けられています。助成金の申請手続きにおいても、これらの帳簿類の提示を要求されます。もちろん、記載内容もチェックされます。)

※ その他、助成金の種類に応じて、細かい支給要件が定められています。

このように、助成金をもらうことは、意外に簡単ではありません。

もちろん、日頃から、適正な労務管理を心がけていて、しっかりと条件を整えている会社にとっては、何も心配することなく助成金を受給することができます。

適正な労務管理をお手伝いし、会社が堂々と助成金をもらえる条件作りをお手伝いすることも、我々、社会保険労務士の重要な専門業務なのです。

次回に続くgood

2009年2月20日 (金)

助成金情報(1)・・若年者等正規雇用化特別奨励金

『 年長フリーター等(25歳以上40歳未満)を、正規雇用する場合 』

『 採用内定を取り消された方(40歳未満)を、正規雇用する場合 』

に、

中小企業には、100万円

大企業には、 50万円

が、国から支給されます。

詳しいパンフレットは、厚生労働省のホームページからダウンロードできます。

http://www.mhlw.go.jp/bunya/koyou/other34/seikiantei.html

いずれも、ハローワークに求人を出し、ハローワークの紹介により採用することが要件とされています。

今回は、ちょっと、助成金情報でした~・・・。

その他のカテゴリー